らてつの無料コラム【G1徳山】4日目事前予想!

皆さん、こんにちは!

本日は久しぶりに無料コラムを書いていきます。

当然挙げていく会場は

 

G1徳山周年!

 

ど平日のデイ開催となりますので僕は仕事真っ最中。

ということで通常通り事前予想となりますのでご了承ください!

 

番組的にも波乱狙いできそうなレースから行くので

ご一読して頂くと嬉しいです。

 

それでは本日は雑談は省いて

サクッと予想の方に参りましょう(^O^)/

 

 

G1徳山

クラウン争奪戦開設68周年記念競走

4日目

 

【徳山5R】

 

 

まずここで注目したいのが⑥熊谷の進入。

基本6号艇では前付けに動く選手。

 

直近半年で6号艇19走の内

15回内に入ってきている。

 

番組構成的にここはしっかり内を取りに来ると想定できますね。

 

ではどこまで来るか?

 

⑤茅原は無理に抵抗するタイプではないので譲るのは分かる。

 

熊谷の直近19走の進入コース

2コース 3回

3コース 5回

4コース 3回

5コース 4回

 

ここは激しい抵抗も想定しづらいので

無難に3、4コースは取れる想定でいきます。

 

進入予想

126/345

1236/45

 

③永井、④竹田は共に捲り屋というより捲り差しが得意な選手。

それでもスリット抜ければ捲りは見えるが絞って内を潰す展開ではない。

それならスリット、1Mの捌き次第で十分①西野は残せると判断します。

 

⑥熊谷は未消化Fが残っていますしいくら

今節ST決まっているからと言っても

前付けからの深めの起こしなら壁としては不安材料。

 

センターからのスリット優勢から捲り

 

捲り差しで相手軸は西野でいきたい。

 

【参考買い目】

3ー1=245

4ー1=235

(12点)

 

 

【徳山9R】

 

 

今節舟券に貢献できていない小坂のイン戦。

②渡邉の船足も物足りなさはあるし

今節STも良くなく壁としては不安視できる。

 

3コース得意な羽野は

今節0台が4/5本でSTはかなり早く信頼できる。

 

3コースは自在戦が得意でどちらでも狙っていけるし

ここは内を叩ける見込める船足も健在。

 

ST早いのでここが1Mまでにしっかり展開を作る。

羽野の角受けは強く直近半年での捲られ率は0。

 

ただ4コースの捲り差しはデーター上決まっている。

それなら1Mで多少流れれば盲点になり得る

④西野が捌く展開にも備えたい。

 

おそらく5コースに入る⑤寺田に人気が偏る可能性も。

 

それならここは期待値が上がる。

 

基本は羽野の突き抜けも狙って④西野の捲り差しまで穴狙いを決め込む。

 

【参考買い目】

4ー136ー1236

3ー4ー全

3ー1ー46

(15点)

 

 

【徳山11R】

 

 

事前ラストは白井のイン戦から。

ここは素直にインから売れてくるか。

ただ白井のイン戦はたまにやらかすイメージはあるし

なんと言っても出足から弱めで船足も大信頼とはいきづらい。

 

それでもST早いですからある程度スリット負けはしない。

 

前付けで遅れたのは度外視します。

節間で2回のドカは流石の白井はやらないでしょう。

 

そうなると攻め手は誰になるか。

 

ここは角に構える④大峯のST力を狙う。

 

もともと角戦はST早く近況もトップSTはある。

そして何より絞って果敢に握る選手なので外に展開が向きやすい。

自身の4コース実績は直近半年で25%。

昨日のイン戦での道中もガンガン握っていましたからね。

 

ただ掛かりが甘く外に流れるor内の抵抗に合う可能性も加味したい。

この展開なら⑤大上が絶好で1M捌いて浮上が最も濃厚。

 

このレースは軸に

⑤大上置いて舟券を組んでいきます。

 

まずは本線に置く④捲り、⑤捲り差し展開の

4=5、5ー1

 

そして、④捲り、①抵抗、で2艇流れての⑤捲り差し、⑥差し抜け展開の

5ー6

 

ラストは④捲り、①抵抗、やや流れての②小回り差し抜け展開の

2ー15

 

この3パターンを想定して。

 

【参考買い目】

5ー14ー1246

4ー5ー126

5ー6ー124

2ー15ー15

(14点)

 

4日目はこの3Rを挙げてみました^ ^

 

 

らてつ。

 

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。