【平和島SGグランプリ5日目11R】厳選勝負レース予想(2020年12月19日)

 

さぁ、本日の厳選勝負レース予想公開していきます!

遂に今節の平和島GPも残り2日となりました。

昨日のボーフロプレミアム配信では結果を残せたので

後はこの厳選で一撃万舟をぶっこ抜くだけ!

僕自身この厳選が1日で1番勝負度の高いレース。

金額も一番張っているので何とかココで結果を残したい!

本日狙うのは平和島11R!トライアル2ndです!

 

【平和島11R:トライアル2nd】

 

1 西山 貴浩

2 寺田 祥

3 深谷 知博

4 吉川 元浩

5 篠崎 仁志

6 菊地 孝平

 

さぁ、本日の厳選はココを狙う!

何故ココを本日の勝負レースにするのか?

それは当然波乱度が高いからなのですが、

まずは各選手の勝負駆け状況について触れていきたい。

 

【勝負駆け状況】

西山  3着

寺田  3着

深谷  3着

吉川  アウト

篠崎  1着

菊地  2着

 

昨日転覆した吉川以外は全員勝負駆け!

しかも全ての選手が3着以内じゃないといけない混戦状況で

特に外枠2艇は篠崎が1着、菊地が2着なので鬼の勝負駆け!

 

菊地は3連続で6枠を引いた。

ここ2戦は展示から強気な前付けはなかった。

しかし今回はどうでしょうか?

昨日は伸びる白井の隣なので6コースでもチャンスがあった。

しかし今回はボーダー外の吉川の4角で

伸び足は明らかに劣勢の篠崎の5コース。

さすがに6コースではノーチャンスなので

今回ばかりはゴリゴリの前付けに期待できるはず!

 

スローの起こしは100m付近まで。

向かい風も強いのでここは爆荒れに期待したい!

では予想を発表していきましょう!

 

※このレースの最終予想と買い目は

直前の展示を確認した後に締め切り15分前までに更新致します。

既に舟足評価と事前予想は公開済みです!

 

 

【舟足評価】

      出 伸 回

1 西山  ◎     

2 寺田  ◯     

3 深谷  ◎     

4 吉川  ◎     

5 篠崎  ◯     

6 菊地  ◯     

 

舟足評価:>①③⑥>④>⑤

 

【西山】

トライアル1st組の中では初日から仕上がっていた。

出足~行き足が上位級で完全にスロー向きの舟足。

西山のインは圧倒的スタート力があるので

この足なら先マイ出来ればかなり有力になる。

 

【寺田】

トップ6組では峰と同じくトップ級の評価。

元々直線のパンチ力が凄まじかったモーターですが

今節寺田が調整合わせてその威力を取り戻した。

4日目のバックの伸びもかなり目立ったのでここでは1番手。

 

【深谷】

初戦のツケマイ、そして4日目の道中を見て

出足、レース足を評価しての2番手です。

まだ確信つくようなレースをしていないので半信半疑ですが

ターン系は間違いなくバランスが取れていると判断します。

 

【吉川】

昨日、今日を見る限りスリット後の伸びは並レベル。

出足系は深谷と同等レベルある可能性もありますが

今日は1Mでふりこんだので判断不可能。

現時点で良いところは見つかりません。

 

【篠崎】

2戦ともほぼレースに参加出来ず。

昨日の2コース戦では明らかに峰に伸びられた。

今日の4角戦も隣の白井に明らかに伸びられた。

節一級の2選手との比較なので判断に迷いますが

吉川同様今の所スリット足中心に良いところはない。

 

【菊地】

初日の舟足が一番出ていたように思います。

平本に捲り差されたとはいえ合わせてからの伸びの違いは

僕の目には大きく映ったのでやはり足はいいはず。

直線型で今回は進入含めて鍵を握る。

 

【事前予想見解】

 

まず見なきゃいけないのは直前の展示。

菊地が展示でどれだけの動きをしてくるか。

抵抗されても無理やり舳先を向けるような前付けなら

展示がオールスローでも本番も動いてくるはず。

 

そうなれば本番オールスローには絶対にならない。

これが住之江ならオールスローになりますが

平和島はスローが深いダッシュ戦は期待値の塊。

選手はそれを知っているのでダッシュに引く選手は出てくる。

 

①【126/345】

②【16/2/345】

③【1256/34】

④【156/234】

 

想定出来る進入はこの4つ。

全ては1着条件の篠崎の動き次第か!

 

①と②は1着条件の篠崎が譲る場合。

その場合は寺田がどうするか考えるだけ。

自在戦の深谷とボーダー外の吉川は引くはずなので

後は寺田が抵抗しての2コースか譲っての3コースか。

これは半々くらいの確率であると思います。

 

そして③と④は1着条件の篠崎が抵抗する場合。

この場合も同様寺田の動きが鍵を握る。

寺田が譲れば4角、抵抗すれば深谷の5角です。

起こしは100m付近を予想。

そうなれば当然狙い目はダッシュになります。

 

寺田を本命にすると、

①と③の進入になった時に捲り舟券は紙クズになる。

 

だったら本命筆頭は自在戦の深谷!

①~④どの進入でも余裕のあるダッシュ戦なので

スタート速い深谷のダッシュが一番狙い目になるのでは?

 

ちなみに枠なり3対3が濃厚になった場合も、

3号艇深谷の捲り差しを本線に狙います!

理由は昨日の西山の1Mターンの外し方が酷かったから。

新田が握ったこともありますがそれにしてもターンが流れすぎなので

やはりこの大舞台の経験のなさで緊張に負けているか。

枠なりでも今の西山のインは信頼できないと見た。

 

【最終予想見解】

展示はオールスローに。

もう少しゴリゴリの前付けを想定しましたが

一応最後に舳先はしっかり向けてきましたね。

本番は諦めて引くか、それとも遠慮なしの前付けか。

この2つしか今の菊地の勝負駆け状況を考えてもありえないので

ここは展示同様のオールスローはないとみたい。

 

①【123/456】40%

②【126/345】30%

③【16/2/345】20%

④【156/234】5%

⑤【1256/34】5%

 

これくらいのイメージ。

①と②の進入を本線に狙っていきたい。

 

①なら事前見解通り深谷の捲り差しを狙う!

枠なり3対3なら西山のスタート力は間違いないので

深谷が得意の捲り差しを入れての「3-1」が大本線に!

握って西山をツケマイで沈めた「3-245」あたりも狙える。

 

②の進入なら「3-45」が大本線に!

どちらにしてもやはり深谷が絶好の狙い目に!

ここの頭を本線で狙ってみたい!

 

③か④なら「2-345」になりますが、

正直ここまで手は広げられない!

だったら深谷の頭固定で点数を絞って勝負したい!

 

【予想印】

  深谷知博(3号艇)

  西山貴浩(1号艇)

  2,4,5

 

 

【参考買い目】

<3連単>

3ー1245ー全(計16点)