【桐生G1:4日目7R&8R】ヤマトの勝負レース(2021.9.14)

 

皆さん!こんにちは!ヤマトです!

本日の勝負レース公開致します!

前回勝負レースは桐生G1戦の裏開催

【若松一般戦】から2本配信し

配当的には人気サイドでしたが的中!

Mでは狙い目の展開でしたが道中捌けずに大本線での決着に。

それでも的中はでき¥1,980の配当でした。

 

 

さて、本日の勝負レースは

【桐生7R&8R】を指定しました。

 

【桐生7R】

直近イン勝率8割益田啓司のイン戦。

ここはF2の久田、吉川のいる番組で

STがレースのカギを握りそう。

現状オッズも割れ気味で展開次第では配当妙味も生まれそう。

ここはあの選手を軸にして狙いたい!!

 

【桐生8R】

直近イン勝率6割荒井輝年のイン戦。

ここは舟足的にも混戦ですが軸にしたい選手がいる。

オッズ的にも妙味あり、

ここも相手軸を絞って決め打ちで狙う!

 

2本セットにて配信致します。

【桐生7R】(締切時間17時50分)

【桐生8R】(締切時間18時24分)

本日もよろしくお願い致します。

 

機力評価・展開予想は公開しています。展示気配評価・買い目は締切時間の10分前までに更新致します。

桐生7Rの展示気配評価・買い目の更新時は公式LINEからの告知を致しますが、桐生8R更新時は公式LINEからの告知はありませんのでご注意下さい。

 

 

【桐生7R】(締切時間17時50分)

益田 啓司

久田 敏之

白井 英治

宮之原 輝紀

吉川 元浩

一瀬 明

 

【機力評価】

④>②⑥>①③⑤

 

機力評価一番手は宮之原輝紀!

38号機は素性良いモーターで

今節はしっかりと調整できている。

出足型ですが行足への繋がりがあり、

外枠でも展開突ける舟足は中堅上位の評価。

 

久田はF2でST慎重も戦える舟足。

機力的には平凡機でしたが、

地元で調整合わせレース足◎

STはF2ハンデありますが、

その中でもしっかりと決めてきている。

 

一瀬は勝率通りの舟足でバランス取れている。

行足中心にバランス取れ中堅上位と評価。

大外ですが機力的には侮れない。

 

①③⑤は合って中堅レベルが一杯。

白井、吉川と出足型ですが上位とは分が悪い。

 

【展開予想】

1号艇益田の直近半年間のイン戦勝率は80%

一般戦が主戦場ですがSTの早い選手で

イン戦信頼度は高く、3連対率も「93%を保っている。

 

ここはF2久田と吉川のSTが鍵を握る。

 

〈スリット予想〉

            ★(1M

   ①

 ②

   ③

    ④

  ⑤

   ⑥

 

進入は枠なり3対3を想定。

 

益田は機力的には大きな特徴ないものの

今節STは2522番手。

 

焦点は壁があるかどうかで

F2の久田が2コース戦で壁が薄いものの

今節STは3334番手で

.15 .09 .10 .12と慎重なもののしっかりと踏み込めてはいる。

 

久田遅れる展開であればコース巧者白井の自在戦が本命か。

 

白井のコース勝率は「28%」と高く、自在戦タイプ。

3号艇白井の攻めからのオッズが売れていますが

久田のST次第では益田も先マイで逃げれる舟足はあるとみているので

本命◎は益田の逃げ、白井の自在戦から組み立てたい。

 

相手軸はカド宮之原を推奨する!

直近のコース勝率は「20%」

3連対率は「90%」と高い数字。

 

タイプ的には「差し屋」でスリットで

大きく覗かない限りは1Mは差しが濃厚。

機力、連対率の高さからしてもここを軸固定で勝負したい。

 

あとは直前の展示気配含め、絞ってしっかり回収狙う。

 

【展示評価】

進入は124/56

スリット付近はほぼ横一線で行足面はどの艇も同じ感じ。

周回展示は4宮之原と6一瀬が◎

その他の選手も展示ターンはよくしっかり回れている印象。

 

【最終予想見解】

3号艇白井が欠場で5艇での競走。

ですので事前予想とは変更し、

更に絞って勝負します!!

相手軸で4宮之原を推奨していましたが、

本番は宮之原が3コースに入ることで本命に変更する!

直近3コース勝率は「28%」

2久田がF2でここは攻めての一番手になる。

ここは勝負掛けですし、1着取りで準優好枠もありえる状況。

今節の機力も出足〜行足よく

STも平均【.11】と見えている。

大本線は宮之原の自在戦から絞って勝負します!

相手は連動する吉川と一瀬の外枠両者の浮上で

益田がインから残すパターン。

 

【買い目】

4-1-56 大本線

4-56-1 本線

※直前オッズを見て大本線、本線と資金配分します。

展示気配評価・買い目は締切時間の10分前までに更新致します。

 

【桐生8R】(締切時間18時24分)

荒井 輝年

濱野谷 憲吾

菊地 孝平

秋山 直之

高野 哲史

中野 次郎

 

【機力評価】

⑤⑥>①②③④

 

機力評価一番手は高野と中野。

 

高野は出足〜行足よく中堅上位はありそう。

今節着取りに苦しんではいますが

中の舟足を見ても着以上の評価はできる。

 

中野はスリット足良好でモーター数字以上の気配。

行足面中心に直線系統は◎

STも決まっており、6枠でも侮れない舟足。

 

①②③④は中堅レベル。

 

秋山は地元で素性◎モーターですが調整合わせれずか。

他選手も道中戦含め大きな特徴はなく平凡機。

 

【展開予想】

1号艇荒井の直近半年間のイン戦勝率は66.6%

 

負けパターンは主にセンター勢からの「捲られ」負け。

直近半年間のイン戦でもSTムラが多く

5344314125番手。

平均STも.15とこの辺りでまとめてくる。

 

〈スリット予想〉

            ★(1M

   ①

   ②

    ③

  ④

   ⑤

   ⑥

 

進入は枠なり3対3を想定。

 

ここは濱野谷、菊地とスロー勢にST巧者揃い。

 

イン荒井も今節STは.35 .06 .10 .08

初日のSTを除けばしっかりと踏み込めている。

スロー勢の壁も厚く、イン先マイ可能なレースともみる。

 

想定する展開もオーソドックスで

濱野谷の差し、菊地のツケマイが基本線ですが

今節の菊地の舟足がピリッとしない分

濱野谷の差しが逆転の筆頭候補と考える。

 

相手軸は外枠両者の高野と中野で狙いたい。

 

ともにコース巧者で連対率も高く

舟足的にも評価しておりここは軸として狙いたい。

 

本線は荒井の逃げから高野、中野が絡む線。

オッズも割れており、イン逃げからでも

しっかり回収できるオッズが並ぶ。

ここも直前の展示気配含めて組み立てていきます。

 

【展示評価】

進入は枠なり3対3

スリット付近の舟足は3菊地が出ていくものの、

スリットから伸びる気配はなく、行足面は互角。

周回展示は5高野が抜群◎!

その他の選手もターン気配も互角。

 

【最終予想見解】

7Rは宮之原の捲り差し決まり、展開通りでしたが、

久田が上手く残して撃沈。

切り替えてここも絞って勝負します!

このレースは事前の展開予想とは変更せず、

展示も確認程度に見ました。

スリット付近の足はほぼ互角と判断。

3菊地のST力はピカイチですが今節の舟足は評価していない。

2濱野谷の壁もあり、あとは1荒井が踏み込んで先マイできるかどうか。

今節の荒井は初日以外は比較的STもいけているので、

壁も厚く逃げれるレースとみている。

相手軸は事前通りに機力評価している5高野と6中野の外枠両者。

4秋山は地元ですが今節もSTは劣勢気味。

スロー勢のSTを考えても叩けることはないと想定し、

ここは展開突いての浮上を狙う。

 

【買い目】

1-2=56 大本線

2-1-56 本線

1-56-56 狙い目

※直前のオッズを見て、上から順に資金配分します。

展示気配評価・買い目は締切時間の10分前までに更新致します。