若松

三四郎特級レース:スポーツニッポン杯GW特選(最終日)11R選抜戦

本日の【特級レース】は
一般戦若松:スポーツニッポン杯GW特選(最終日)

本日は最終日を迎えた若松の優勝戦日を狙う!!

昨日の準優は人気サイドでの決着となり優勝戦も

篠崎選手がポールポジションを手にし固い決着が

想定される中で西山選手が舟足劣勢を跳ね除けての

優出は流石SG常連と言われているだけありますね。

 

下関準優10Rは久しぶりの「悶絶」かました!!

井本選手の舟足が整備で激変しており軸で狙った。

スリットで突き抜けての1Mはセンター勢の争いで

興奮度MAXでしたが竹田選手がその内を突く展開。

竹田選手も狙っていたがその展開では大峯選手は

きっておりヒモ抜けで「450倍」が・・・

 

気持ち切り替えて最終日の若松で挽回します!!

 

【一般若松:11R選抜】

今節のイン戦は全て勝利を挙げている下河選手

最後の好枠も逃げておきたい所です!!

 

ただ舟足も各選手が上積みしてきた事で

目立つまでの舟足は無い。

さらに課題のT力では劣勢と言わざるを得ない!!

今節のST順【4・5・4・1・4・4・4番手】と

スリットで後手を踏む可能性が高いと観る。

 

実力者が構えているレースでのST遅れは

「致命的」になる!!

このレースは優勝戦よりも波乱があると判断。

昨日の様なヒモ抜けない様に展開を読み的中を狙う。

それでは各番組の詳しい事前予想に入ります。

 

【機力評価】

今節のレースを振り返って評価しています。

        出足  回り足  伸び

1号艇 下河   〇   〇   〇

2号艇 白水   ◎   〇   ◎

3号艇 小野   ◎   〇   〇

4号艇 羽野   〇   〇   〇

5号艇 富永   〇   〇   〇

6号艇 大庭   〇   〇   〇

②>③>①④>⑤>⑥

 

 

1号艇下河選手

準優は塩田選手が捲りを選択し初動が遅れた。

 

舟足は出足中心にバランス型に仕上がった。

準優の1Mでは本来は引き波に嵌って流れる

場面であっても残す事が出来ていた。

 

ただ課題はSTタイミングで後手を踏んでおり

ST巧者が揃っている番組ではスリットで

遅れた場合は1M握る事で苦しい対応となる。

 

2号艇白水選手

準優は道中を勝ち切り3着をもぎ取った。

 

舟足は出足・伸び足中心にこの番組では上位評価。

1Mでは差し狙った所で引き波を乗り越えてからの

出足でグッと前に艇が押し出されており伸びへの

繋がりも一気に艇間を縮める事が出来ていた。

 

今節STも終盤以降は合ってきていますので

センターに構える選手に捲られる心配もなく

何なら全速STからのジカ捲りまで想定したい。

 

3号艇小野選手

準優は外枠からでも展開を突く事が出来た。

 

舟足は出足関係中心にサイドの掛りも良く

回ってからの立上りも力強く艇が前に出て行った。

伸び足は物足りなさがあり今節0台連発ですが

1Mまで覗く事までは出来ていない。

 

ただ体格差では有利な面がありSTは合わせる上に

道中での捌き力もあるので白水選手が差し構えに

なれば全速で握っての捲りは警戒しておきたい。

 

4号艇羽野選手

準優は小野選手に逆転を許す結果となった。

 

カド戦で自身で攻めて行きたい所ではあるが

舟足はバランスが取れているが威張れるような

所はなく展開待ちになってしまう。

 

ただ小野選手は捲り差しよりも握っての捲りを

選択する事が多く内が少しでも流れる形なら

1M差しは十分に空いてくる。

 

ST自体も1番手STも4走あり小野選手に

追随する事は十分に可能と判断する。

 

5号艇富永選手

準優は1Mで前詰まりの形で流れてしまった。

 

舟足は出足中心に仕上がっているものの

それでも上位陣との開きは感じてしまう。

昨日も回ってからの立上りで後退しており

伸び比べでも今一つ詰め切れていなかった。

 

ただSTは1番手含めて好ST連発させており

展開突けるポジションを確保する事は可能

舟券に絡むためには1Mは無難に羽野選手が

差しに構えた時の捲り差しになる。

 

6号艇大庭選手

準優は角度鋭い捲り差し狙ったが1M出口で

艇が浮いてしまい攻め切れなかった。

 

あの状況であれば本来決まっているが

回ってからの出足が足りておらずBSでも

艇間を引き離されており全体的にパワー不足。

 

枠番的にも苦しくセンター勢が仕掛けても

1Mは無難に最内を狙う所になるがそれでも

3着までと観る。

 

【進入予想】

123/456

 

今節の最終日で動く選手も

いないので「枠なり3:3」

 

 

【スリット予想】

★スリット隊形

  STライン    

          

              ②

                ③

            ④

            ⑤

            ⑥

 

下河選手はSTに課題があり1番手STは1本で

それ以外は下位となっておりこの番組でも

スリットでは後手を踏んでしまう形になる。

 

この番組でスリットの主導権を握るのは

「白水・小野選手」!!

STタイミングで言えば0台連発させている

小野選手にはなるが白水選手も初日以降は

ST順も安定している。

 

外枠勢では羽野選手はダッシュ戦だが

小野選手より前に出る事は厳しいと判断

 

下河選手が遅れるスリットも想定しておく!!

 

【展開予想】

 

この番組は白水選手のスリット隊形が

勝負を分けると判断する。

 

下河選手は冒頭でも記載してある通り

STに課題を抱えている。

 

STで言えば小野選手が優勢と言えるが

白水選手もSTは合っている上に舟足は上位級

白水選手を本線に狙う!!

展開はジカ捲りを本線に下河選手を叩き切る

展開からの外枠勢の捲り差しを狙って行く。

 

カド戦の羽野選手も舟足では劣勢ではあるが

小野選手が白水選手が握った場合は初動が

遅れる事も考えられるので差し切る展開まで。

 

【予想しるし】

◎ 白水(2号艇)

◯ 羽野(4号艇)

△ 小野(3号艇)

× 下河(1号艇)

押さえ 富永(5号艇)

 

【参考買い目】

<3連単>

本線:2-34-全

狙い目:34-2-345

    4-12-123(16点

以上 三四郎でした!!